2009年2月12日木曜日

[速報]アルマティ(カザフスタン)いり

昨日2月11日の午前にキルギスのビシュケクを出て、カザフスタンのここアルマティに来ました。資源大国の経済の中心地ということでなかなか栄えてますが、やっぱりまちはソ連的で退屈です。

気温はキルギスと比べ10度ほど低く日中で2度ほど。路面は凍っています。雪はほとんどないですが。

カザフスタンも警察が無知らしく面倒なため、国内数カ所を回ろうと思っていた予定を変更し、明後日には国際列車で中国に行くことにしました。夜中23時すぎ発でウルムチには月曜の朝くらいにつくようです。運賃は11540テンゲ(約8000円)。高いです。バスもあるようですが、冬場はあまりあてにならないようなので、列車にした次第。

なお、上記の警察が無知だということについて詳述すると、カザフスタンは5日以上滞在する外国人に対し、滞在登録をすることを強制しており、もししていないと2万円近くの罰金が課せられるようです。しかし、近年は空港からの入国についてはその場でその手続きをすることになり、空港からの入国については面倒がなくなりました。ただ陸路については別のようです。

陸路については近隣の国でビザを取ればビザ入手の際に滞在登録も済んだ状態になっているらしいのですが、ビザなどにそうした手続きをしたという印(空港からの入国の場合は2つスタンプが押される)が記載されないため、ビザを見ただけでは手続きをしたかどうかわからないらしいのです。また、アルマティの警察もそうした制度をほとんどが知らないため、こちらが説明したとしても難癖をつけてくるのは確実だろうというのが、今日日本大使館に確認をしに行った際の説明でした。なので、念のため滞在登録をしてはというのが日本大使館の言い分でしたが、滞在登録するにも時間がかかるし、何よりカネがかかる(700円くらい)のがネックなのです。

というわけで、無知な警察を相手にするほど馬鹿らしい時間はないし、本来払わなくていいカネを払うのもで馬鹿らしいので、さっさとカザフを出るというわけです。

いよいよ中国。飯が楽しみですね。

2009.2.12
Almati,Kazakhstan

2 件のコメント:

アンネのバラ友 さんのコメント...

ふうさん、アンネのバラ友です。

いよいよ、中国入りですね。
そのうちに、桂林のMさんに
会うのですね。

食事が楽しみとのこと、
これまでいろいろな食事をされて
来ましたね。

ふうさんは、体重とか胴回りの変化
はありますか。

ぶらぷらびと さんのコメント...

アンネのバラ友さま

コメントありがとうございます。
中国には入りますが桂林はだいぶ遠いので
そこに行くのはまだしばらく時間がかかります。

体重とか胴廻りは測っていないので
わかりませんが、たいして変わっていない
のではと想像します。
まぁ、日本に帰ってのお楽しみですね。